シナリオライター・小林教が思ったてきとーなことを書くてきとーなブログです。
by kyo_kobayashi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『64-ロクヨン-前編』の試写会に行って来ました

どうも、小林です。

「ロクヨン」と言えば「NINTENDO64」だった俺ですが、これからは『64-ロクヨン-』のことになりそうです。

そもそも『64-ロクヨン-』とは横山秀夫氏の同名小説を映画化したものです。
映画化に際して集められたのが、佐藤浩市さんをはじめとする名役者の人たちです。

試写会へ行けたのは、兄貴のおかげです。
試写会への招待券を入手してくれたので、そのオマケで観に行くことが出来たのです。
いやぁ、兄貴様々です。ありがとう、兄貴。

ところで内容ですが、昭和最後の年である昭和64年に起きた事件が全ての始まりです。
少女誘拐殺人事件。通称「ロクヨン」は未解決のまま14年が経ち、時効まで残り1年――。

そんな感じで映画は始まり、上司からの命令に従わざるを得ない三上(佐藤浩市)が報道陣を相手に四苦八苦。
元々三上は「ロクヨン」の捜査官であったが、今は広報官という立場にいて、事件の捜査は出来ない。
だが何の因果なのか、捜査官であった時には知らなかったことを、今になって知ってしまう。
そして三上は――。

内容としては、こんな感じですかね。
これ以上書くとネタバレになってしまいますから。

ところで映画を見て気づいたのですが、「警官の血」っていうドラマに出てきた人が数多く出ています。
っていうか誰か覚えてる? ドラマ版「警官の血」のこと。
『64-ロクヨン-』と「警官の血」の内容は全然違いますけど、「警官の血」を面白いと感じた人なら『64-ロクヨン-』も面白いと感じると思います。

『64-ロクヨン-』を特にオススメした世代は、40代以上の男性かな。
若い人が見ても女性が見てももちろん面白い内容ではあると思うんだけど、オススメしたいのはやっぱり40代以上の男性。
40代以上なら昭和の空気みたいなのを知っているし、中間管理職のツラさや理不尽さも知っているから、主人公である三上に感情移入出来ると思うんです。

『64-ロクヨン-』は前編後編という形を取っていて、当たり前ですけど前編のラストでえらいことになってました。
後編を見たいと思わせるような前編のラストと、そして予告編を見させてもらいました。

『64-ロクヨン-』前編は5月7日公開ということですので、興味がある方は是非行ってみてください。
面白いですよ。



☆オススメのページ☆


俺O型。すごい分かる。ラインのグループで誰かが何か言っても、面倒で何も返事返さないとかある。……それは俺に問題があるだけか?



俺、溜め込むタイプ。んで、ラスボスでも結局使わないのな。



数年前の台湾公演での出来事。う~ん……やっぱり奈々さん可愛いっ! そしてなんか服がエロいです! 台湾ファンの歓迎っぷりもヤバい!



おぉ~、これはすごい!

[PR]
by kyo_kobayashi | 2016-04-30 20:44 | 雑記

最新の記事

なんとか生きてます。
at 2017-05-07 20:29
免許更新のタイミング
at 2016-11-26 23:18
都会はすげぇッス……。
at 2016-10-05 21:01
色々あった一ヶ月だった……
at 2016-08-06 15:19
ヤバい(ヤバい)
at 2016-06-12 21:01

ご連絡はこちらまで

お仕事募集中です。
kyo_kobayashiあっとま~くexcite.co.jp
あっとま~くを@に変えてください。
Google+やってます。
https://plus.google.com/109682500789937166177/posts?partnerid=ogpy0

ちなみに、アマゾンのほしい物リストです。
なんかください。(傲慢過ぎ)

検索

ブログジャンル

日々の出来事
ライター

画像一覧